2020年3月31日火曜日

次年度に向けて呟く

今年度も本日で終了となります。
色々なことがあり、退屈する日は一日たりともありませんでした。
幸か不幸か波乱万丈の一年間でした。
大変だと思えば大変。でも充実していたといえば充実していた。


ただ、一番後悔していることは・・・・
大きな決断をしなければならないときに決断できなかったことです。
人は周りの反対が大きければ断念してしまいがちです。
自身も断念してしまい決断が遅く、今になり忙しくなってしまったこと。


あの時に強い意志で決断し根拠を持って説明していればなあ・・・
なんて今更後悔。


次年度はこの出来事を活かし決断する時は決断し前進すること


判断に必要なものは、材料や指標
決断に必要なことは覚悟だと思う。
そして、賭けに近い。失敗したら責任を取ればいいことです。


覚悟ができない者は決断できないし責任も取らない人が多い。
そして、言い訳が多い。


来年は決断できる人になれるように努力しようと決意。
できるかなー・・・。

2020年3月16日月曜日

成果をあげること

今年度もあと少しになりました。
できていることより、できなかったことが多く
落ち込みがちな日々です。そこで逃避に近い読書。
P・Fドラッカー著 プロフェッショナルの条件ーいかに成果をあげ、成長するかー
この中の一言が効きます!


「成果をあげるためには、貢献に焦点を合わせなければならない。手元の仕事から
顔をあげ、目標に目を向けなければならない。
『組織の成果に影響を与える貢献は何か』を自ら問わなければならない。
すなわち、自らの責任を中心に据えなければならない。」


成果を出すためには貢献に焦点を合わせることこそが重要である。


今年度の目標の評価を行っている最中にこの言葉は響きます。
どのくらい組織に貢献できたかの視点で振りかえり、次年度はどのような貢献をするのかを考え
目標を立案すること。


そして、何より大事なことは
手元の仕事から顔をあげ半歩先を目指すこと!


簡単なようで難しいですね。


成果をあげることは・・・。



2020年3月2日月曜日

想定外を想定内に!

様々なことが日々起きて、本当に平穏な日がないなー
なんて思う今日この頃。


しかし、超プラス思考の私は、「いやな日だったけど、おもしろかったなー今日も・・・」
なんて、眠りにつく。


でも限界があって、「あれはどうしますか?これはどうしますか?」
なんて管理者からの質問攻めにうんざりすることもある。


いつもいつも伝えていますね。
「想定外を想定内に準備しておくこと」が大切。
大変な時こそ、慌てず、騒がず、落ち着いて!ね。


大変な時こそ人を見極めるチャンスかもしれません。
次年度の人材育成の課題を分析している中で感じます。


誰に何を任せよーかなーなんて。
そして、大事なことは
何を任せるかより、何を任せないのかかもしれません。
わあ!
サスペンスドラマより怖い!
サスペンスの見過ぎかもしれない。

2020年2月17日月曜日

人材育成における心得

いよいよ今年度も終わり、まとめと次年度に向けての目標設定。
まあ、一日が短く感じるこの頃。
忙しいと言ってはいけません!なんて話していた自分自身が
忙しいと言っている余裕のなさに呆れてしまいます。


そんな時に思い出す人材育成の心得の一つ


管理者自らが自立・自律するために心がけること!


突発事項が発生したときは
慌てず騒がず落ち着いて!速やかな意思決定!
そして、大事なことは・・・
いつでも「想定外を想定内に!」


そしてバタバタしてしまう時こそ一呼吸


「管理者の心と体の健康管理」は自律に向けての第1歩


毎年のことなのに年度末バタバタしてしまう自分が自律していないことに
びっくりです!
とりあえず、明日からは心がけよう「バタバタ」しないこと。
そして、帰宅してとりあえずビールでも飲もうかなーなんて。
このとりあえずが超重要!
心と体の健康管理には!なんて。

2020年2月3日月曜日

成果を出す思考術!

私の考える『成果を出す仕事術』
まず、
1.その当たり前が当たり前か?常に考えること
そして
2.やり方ばかりに捉われず、あり方を考えること
3.仕事の無駄や無理、ムラがないか常に振り返ること


この3つだけでも意識して働くと成果が出るかもしれませんね!
自分自身の当たり前をなくす!


前のめりの頑張りは続きません。
休まない≠休まない  帰らない≠帰れないのか
真剣に考えることが大事な時期になりました。


頑張り屋さんが多い世の中です。
ワーカーホリズム(仕事依存症)にならないように
頑張りは8割程度でOKです。
でもたまに、あなたは120%で働いてOKなんて言う人もいたりして。
まずい、パワハラなんて言われてしまいますかね!

2020年1月27日月曜日

看護学生の実習を終えた礼状

看護学生の実習終了のお礼状に感激しました。


私は、学生の実習前に必ず伝える言葉があります。


「私たちの仕事は、患者の声なき声を聴き、形なきものを看る仕事」


『いつも目の前にあるデータや表出されたものばかりに捉われることなく、伝えられない患者の声なき声や思いを、心を込めながら心を傾けて聴くこと。その方の形なき想いや感情に寄り添いケアすることが一番大切ですよ』と伝えています。


お礼状には実習中にその言葉を意識し、患者の表出していない内面も意識して
看護を提供し実習を終えたそうです。


何気ない先輩の言葉に耳を傾け実践していく学生はきっと素敵な看護師になると信じながら礼状を見ながら勇気を頂いた気分です。


何気ない、さりげない言葉こそ心にしみることがありますね!





2020年1月13日月曜日

よく廻る独楽

新年が始まりあっという間に10日以上が過ぎました。
バタバタしているうちに月日が過ぎてしまう感じです。

自身で今一度、一日のtodoリストを作成し一日の終わりに
しっかり振り返りをし修正していかなければ、成果が出せません。
そして、バタバタしているときこそ振り返ることが必要と自分に言い聞かせます。

そんな時こそ、この言葉がしみます。

『よく廻る独楽は静かです』

相田みつを氏の言葉です。

「よく廻る独楽ほど静かです」本当に!

芯(心)がぶれずに、静かに成果を出せるよう努力していきますか!
超困難ですね・・・。

2020年1月6日月曜日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

2020年がスタートしました。オリンピック、パラリンピックが開催される
記念の年になります。
そこで、原点回帰
大好きな言葉を想いだし実行する予定です。

「ちりは積もっても山にはならない」
私たちは病院全体の経営戦略を構想し、果敢に実行すること(山をつくること)であって
細かい「ちりを集めること」ではない。

小さなことも大切であるが、「ちりが積もっても山にはならない」
ちりが積もってもできるのは、せいぜいゴミの山!

この言葉を想いだすたび、小さなことをぐちゃぐちゃ言わずに
果敢に実行していくことが大事かもしれません。

その時に最善を尽くすことが大事で失敗しても
後悔しない努力をすること。
一番怖いことは、何も変わりたくないという意識かもしれません。
ちりの山を宝の山にするために何を残して、何を捨てるのか
考える大事な年になりそうです。